車買取業者で悪徳業者はどんな手口を使うのか?

車買取業者で悪徳業者はどんな手口を使うのか?

車を売る時、ディーラーで下取りしてもらうよりも、車買取業者に買い取ってもらう人のほうが最近では多いでしょう。インターネットの普及により、ディーラーの下取りは損だということは、大抵の人は既に知っています。

 

不要になった車の売却にしても、買い替えにしても、少しでも高く売りたいと思うのは当たり前のことです。車買取業者に査定してもらう、という選択自体は間違っていません。

 

しかし、中には悪徳な業者も存在します。メーカーの名前を掲げているディーラーは、金銭的には決して得はしませんが、悪質な手口で買いたたかれる、などという心配はありません。当初言っていた下取り価格と実際に下取りする価格が大幅に違うこともないでしょう。安心して車を売ることができます。

 

しかし、車買取業者は大小合わせて数多く存在し、どこが優良か、どこが悪徳か、消費者にはなかなか判断がつきません。悪徳業者がよく使う手口を知って、被害に遭わないように気を付けましょう。

 

悪徳業者が使う最も多い手口は、契約をした後で、キズが見つかったなどと難癖をつけて、買取価格を下げてくる、というものです。一括査定などで最も高い提示額を示した業者に売る人が多くなる中で、最初は高い買取額を提示しておきながら、後から下げるという非常に悪質なやり方です。

 

このような詐欺まがいの手口に引っかからないためには、契約書に後から買取額が下がる可能性があると記載されているかどうかチェックすることです。記載されていたとしても、その場合はキャンセル料なしで契約を白紙撤回できる内容の業者にのみ売るようにしましょう。

 

>>高評価トラック買取業者はコチラ<<